大事なロレックスをオーバーホールしてもらう|輝きを取り戻そう

長く使い続けるために

男性

ロレックスオーバーホールとは、高価な時計の一種であるロレックスを定期的に分解して内部に何か問題がないかチェックしていく作業です。この作業を行うことで見えない汚れや故障を早く見つけることができ、事前に防ぐこともできます。

Read More...

全体的な流れと内容

腕時計

ロレックスオーバーホールはロレックスの修理作業のことです。定期的に自身のロレックスを業者に見てもらうことで事前に不具合を見つけることができたり、細かい故障まできちんと直していくことができたりするのです。ロレックスのオーバーホールを依頼するときは、まず専門業者に連絡を入れ、作業の具体的な内容と見積もり額を決めていきます。依頼者が見積もり額に納得がいけば、オーバーホールの作業開始となります。ロレックスオーバーホールの作業工程は、現物の分解から始まります。分解したパーツをそれぞれ丁寧に掃除していき、汚れを落とします。パーツごとに洗浄をしていくため細かい部分も綺麗に洗うことができて、掃除が行いやすくなるといえます。洗浄を行う前にしっかり防水検査や機能の状態を見ていきますので安心できます。また内部だけでなく、希望によっては外部のほうまで磨いていくことが可能となっています。外部や内部を綺麗に洗浄することでロレックスは本来持っている美しさを取り戻し、また新品同様な状態で使うことができるのです。

ロレックスを分解して交換が必要な部品などが見つかれば、洗浄したあとに交換にしていきます。ロレックスの部品は大変細かい部品ばかりですが、熟練の職人たちがどんな異常も見逃すことなく、純正部品に取り換えてくれます。部品の交換を行うことで未然に故障を防ぐこともでき、手間や時間がかからずに済みます。部品の交換が完了したら、分解した部品を取り付けていきパーツごとに潤骨油というものを塗っていきます。潤骨油を塗ることで部品の摩耗を防ぐことができ、高い精度を保っていけるのです。部品の取り付けが完了したら、時間調整をします。ロレックスのタイミング調整には、テンプや測定器を利用して行っていきます。タイミング調整は基準として日差10秒以内として調整を行っています。時間調整が終わったら、ケースとブレスレット部分の研磨を行い、綺麗に仕上げていきます。この作業はオーバーホールを行う職人とは異なり、ロレックス専門の研磨を行う業者が作業をしていきます。仕上げ作業まできちんと手を抜くことなく、見た目も完璧に綺麗にしてくれます。ケースとブレスレットの取り付けが終わったら、専用の機材を用いて防水検査をしていきます。徹底した防水検査をクリアできるまでしっかり検査を行っていきます。そのほか精度や巻上力の検査も行い、最後に全体的なチェックをしてオーバーホールの作業完了となります。この作業は早くて1か月ほどで行うことができます。

依頼するまでの流れ

腕時計

ロレックスのオーバーホール作業を依頼するときの主な流れとしては、まず依頼する専門の業者を探すことから始めていきます。業者が決まったら実際に現物を見てもらい、見積もりを行ってもらいます。それから作業開始になります。

Read More...

宝石を美しく蘇らせる手法

ジュエリー

ジュエリーリフォームとはデザインが古くなってしまったり、サイズが合わなくなってしまった宝石を業者のほうでデザインや形を変えて美しく生き返らせてくれる方法のことです。自分の要望や好みに合った方法でデザインをしてくれます。

Read More...